脱毛の前日までに行う事前準備や気を付けることを教えて

脱毛をサロンで受ける時には、施術を受ける前に自分でしておかなければいけないことや、気をつけなければならないことがあります。事前準備を怠ると、最悪の場合サロンに行っても施術を受けられません。

しかも、前日までに行うムダ毛の処理はもちろん、1カ月前から準備が必要なこともあります。ここでは抜かりなく脱毛の施術を受けるために、しておきたい事前準備を脱毛の保健室メンバーがとことん調べ、最高のアンサーを用意しました。

実は1カ月以上前から気を付けることもあります

毛抜き・ワックスを使用しない

サロンで行う施術は光脱毛が主流のため、多くの場合は毛抜きやワックスなどで毛根から毛を引き抜いてしまうと、脱毛効果は得られなくなります。これは光脱毛がメラニン色素に働きかけ、毛根にダメージを与えることで毛を弱らせ、毛が生えないようにしていく仕組みだからです。

また、効率良く脱毛するためには、毛周期に合わせてサロンに通う必要があります。毛を抜いて処理をしてしまうと、毛の成長サイクルを乱してしまうので、サロンに通うのなら施術まで1カ月以上あっても抜くことは厳禁です。

日焼けをしない

先ほども言ったように、光脱毛はメラニン色素に反応させて脱毛を行うので、日焼けして肌が黒くなってしまうと、毛根だけでなくその肌にも反応し、火傷の原因にもなり危険です。

ほとんどのサロンは日焼けを施術前の注意事項としており、安全面を考慮して日焼けした肌には照射を行わないサロンもあります。脱毛中は日焼けをしないよう細心の注意を払ってください。

普段から肌の保湿を心がける

サロンに通う際には、必ず肌を保湿してくださいと伝えられます。肌を保湿する理由は、下記が挙げられます。

脱毛効果を上げる

肌の水分量が多いほど、光が毛根まで届きやすくなります。

施術時の痛みを軽減する

肌が乾燥していると照射時の光の熱さを感じやすくなり、痛みが増します。

普段からの保湿で乾燥肌になるのを防ぐ

施術により少なからず肌にもダメージが与えられるので、汗や皮脂も出にくくなり、乾燥しやすくなります。あまりに乾燥していると施術を断られることもあるので、必ず日常的に全身の保湿ケアを行いましょう。

10日以内の予防接種は禁止

予防接種は、ウイルスや細菌を弱毒化したワクチンを注射します。人によっては微熱や倦怠感などの体調不良を起こす場合があり、摂取後しばらくは抗体を作っているので、体に少なからず負担がかかっています。肌の状態も通常時と比べて弱っているため、肌トラブルを起こしやすくなります。

そのため、施術日前後10日以内に予防接種の予定がある人は、施術ができないサロンが多くあります。

2週間程度は抗生物質を使用しない

塗り薬など軟膏タイプの抗生物質は、使用すると肌が敏感になったり、アレルギー反応が出やすくなります。施術日前後2週間程度は使用を控えてください。

また、飲み薬の抗生物質も、光に対して敏感に反応する副作用がある場合も多いです。その状態で光脱毛の施術を受けると、赤みや痒みなど肌トラブルを起こしやすくなります。

薬の作用は種類によって継続時間が変わるので、どちらの場合も、処方する医師へ脱毛をすることを伝え、相談すると良いです。

事前の自己処理シェービングは2日前に

ムダ毛は電気シェーバーで

光脱毛を行う前の自己処理には、肌に刃が直接触れない電気シェーバーがおすすめです。顔用やボディ用があるので、用途に合わせて使い分けると便利です。通常のカミソリは肌の角質まで削ってしまうので止めましょう。

自己処理するタイミングは、実は前日よりも2日前がおすすめです。前日では光の刺激が肌に強すぎて、肌トラブルが起こる場合もあります。

また、光脱毛では1mm程度ムダ毛が伸びているのが良いとされています。全く見えないくらい処理をしてしまうと十分な効果を得られないので、前日や当日よりも2日前がおすすめなのです。ちなみに手足の指はムダ毛の伸びが遅いので、3日前くらいが良いです。

処理のしにくいIO部分や、手が届かない背中・うなじに関しては、サロンで行ってもらえる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

前日は体調管理に注意しましょう

前日の飲酒や薬の服用は避ける

アルコールを体内で分解する際、体内の水分を大量に使うので、肌が乾燥しやすくなります。さらに体温が上がり、汗をかきやすくなるため、施術を受けた部位が火照って痒みや赤みが強くなったり、汗が脱毛後の開いた毛穴に入り込み、肌トラブルの原因になります。

また、薬の服用も注意が必要です。先ほど伝えた抗生物質のように、副作用で脱毛時に炎症や痒みなどの症状が出る場合があります。毎日飲まなければならない薬がある人は、脱毛前に薬を処方している医師に相談してから脱毛してください。サロンによっては、医師の同意書が必要な場合もありますので、必ず確認してください。

運動やマッサージも控える

光脱毛は毛根へ熱によるダメージを与えるので、肌内部に熱がこもる状態になります。また、皮脂も出にくくなるので肌は乾燥しやすく、刺激に敏感になります。その状態で運動やマッサージなどを行うと、更に体温を上げることになり、施術部位が痒くなったり赤みが出たりします。体温を上げる運動や入浴、血行を良くするマッサージは控えてください。

睡眠をしっかり取り、体調を整える

睡眠不足は肌のコンディションが悪くなり、普段よりも痛みを強く感じてしまうことがあります。体調不良でも同様なので、しっかり睡眠をとり、体調を万全にするようにしてください。

カフェインが含まれた飲み物も控える

コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶、ほうじ茶などに含まれているカフェインには、神経を覚醒させ、過敏に反応してして痛みを強く感じる場合があります。前日は飲まないようが良いでしょう。

喉が渇いた場合には、白湯、麦茶、ハーブティなどは安心です。飲み物にカフェインが含まれているか分からない場合、ノンカフェインと表記してある飲み物にしましょう。

当日の準備や持ち物

当日はすっぴん&素肌でサロンへ

肌表面に余計なものが付いていると、光の透過率が悪くなり脱毛効果が薄れてしまいます。日焼け止めや制汗剤などは塗らず、顔脱毛をする場合には化粧もせずにサロンに行ってください。

紫外線のガード対策は万全に!

紫外線は肌に大きなダメージを与えるので、脱毛後のバリア機能が低下した状態だと、更に大きな影響が出てしまいます。つばの大きな帽子やサングラス、紫外線カット機能のある上着などを身につけるようにしましょう。

また、顔脱毛を行ったあとは、広範囲に赤みが出てしまう可能性もあります。夜など紫外線が気にならない場合でも、マスクは持っていた方が安心です。

普段から使用している化粧品や日焼け止めを

最近ではアメニティが充実しているサロンもあり、化粧品が置いてある場合もあります。しかし、肌に合う合わないがあるので、自分が愛用しているものを持って行く方が安心です。

ウエットティッシュは意外と便利

施術の前は肌を清潔に保ち、肌やムダ毛に余分な成分が付着していない状態が大切です。ウエットティッシュを持っていれば、汗をかいた肌も簡単に拭き取ることができるので便利です。

ただし、制汗シートなどパウダーが配合されていたり、アルコール配合のものは揮発性により肌の水分を奪い、肌を乾燥させてしまうので避けてください。

おすすめは赤ちゃんのおしりふきです。赤ちゃんも使える刺激の少ない使い心地と、大きく厚手の場合が多いので汗などを拭きやすく、脱毛前には最適です。

電気シェーバーも持参すると◎

サロンにもよりますが、剃り残しをサロンで対応してもらうために自分の電気シェーバーを持参する必要がある場合も多いです。

しっかり自己処理をしたつもりでも、サロンで指摘される場合もあります。特に細かい部分に剃り残しがある場合が多いので、刃が小さく小回りの利く顔用の電気シェーバーを持っていると安心です。

サロンから指示のあるものは忘れないように

うっかり会員証などを忘れてしまった場合、本人確認ができたとしても施術ができない場合もあります。

上記の電気シェーバーも、持参する指示があった場合、忘れるとサロンで新品を購入しなければならなかったり、剃り残し部分は施術できないなどの対応をとられることもありますので、注意してください。

まとめ

せっかくサロンで脱毛しようと思っても、事前の準備を怠ってしまうと脱毛効果が薄れてしまったり、最悪の場合は1回分を消化されたうえ、施術ができないという場合もあります。普段から肌の保湿を心がけ、前日にはゆったりとした気分で早めに就寝しましょう。

また、遅刻をすると、施術が受けられない場合もあります。当日は忘れ物に注意し、時間にゆとりを持ってサロンに向かって下さいね。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件