ブラジリアンワックスのメリット・デメリットを教えてください※危険性・注意点も回答※

知っておきたい、ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

専用ワックスを肌に塗り、引き剥がすだけで一気にムダ毛の処理できるので、ブラジリアンワックスの人気が急上昇しています。

かつてはアンダーヘアを脱毛する場合はブラジリアンワックス脱毛、腕や足などを脱毛する時はワックス脱毛と、呼び方がわかれていました。ところが最近では、全身を脱毛する場合でもブラジリアンワックス脱毛と呼んでいます。これは注目度の高さを示す証拠ですが、ブラジリアンワックスにはメリットばかりでなくデメリットもあります。

使う際にはどんなメリットとデメリットがあるのか、脱毛の保健室メンバーがとことん調べ、最高のアンサーを用意しました。

ブラジリアンワックスのメリット

1回ですぐにキレイになる

ムダ毛をその場で引き抜くので即効性が高く、短時間で処理ができます。自分の都合の良い時間や処理したいと思った時に、すぐにすっきりキレイにできます。

ムダ毛を引き抜くから自己処理の回数が減る

一度ブラジリアンワックスをすれば、2~3週間は生えてきません。カミソリなどのように頻繁に自己処理をする必要がないのも便利です。

また、毛根からムダ毛を引き抜くため、肌はスベスベに仕上がります。処理した後にチクチクと痒みを感じたり、手触りがジョリジョリすることもありません。

古い角質まで除去し、くすみがなくなる

ムダ毛を除去するだけでなく、古くなった角質まで取り除くピーリング効果があります。不要な角質も同時に除去できるので、肌がワントーン明るくなります。さらに、ザラザラした肌の表面を、滑らかにする効果が期待できます。

VIOラインにも使用できる

除毛クリームでは、デリケートゾーンに使えないものが多いです。デリケートゾーンはカミソリなどでも処理できますが、肌が敏感な上に皮膚は伸びやすく柔らかいです。また目視しにくい場所であるため、ケガをするリスクが高くなります。

デリケートゾーンのムダ毛をワックス脱毛することを、ブラジルでは元々ブラジリアンワックス脱毛と呼んでいたという説があり、非常にVIOに向いている処理方法です。

粘膜ギリギリまで脱毛できる

鼻毛やI・Oラインのギリギリのラインは、色素沈着が多い部分です。脱毛サロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛では肌色の濃い部分を施術すると火傷の危険があり、ギリギリのラインは脱毛できないことが多いです。ブラジリアンワックス脱毛なら、粘膜ギリギリまでの脱毛も可能です。

産毛までキレイに除去できる

ムダ毛の処理方法で1番肌に負担をかけないのは電気シェーバーですが、柔らかい毛や産毛の処理はしにくいです。ブラジリアンワックスなら太い毛も産毛もまとめて引き抜けるので、毛質によって処理する道具を使い分けるような面倒がありません。

年齢に関係なくできる

ブラジリアンワックスは、自然素材でできていることが多いです。海外では娘に生理が始まると、身だしなみのひとつとして母親がブラジリアンワックスの使い方を教えているほどです。

また、脱毛サロンの光脱毛はメラニン色素の黒色にアプローチして処理をするため、白髪や金髪には脱毛効果を発揮しません。ブラジリアンワックスなら引き抜くだけなのでムダ毛の色味を気にする必要がなく、肌色の濃さを心配する必要がありません。

好きな時に伸ばしたり、処理したりできる

例えばデリケートゾーンをオールオフしてみたいと思っても、光脱毛やレーザー脱毛で処理をしてしまうとアンダーヘアは生えてこなくなります。

ブラジリアンワックス脱毛なら2~3週間すればまた生えてくるので、思い切ってオールオフにすることも可能です。そのため、夏場はオールオフに、冬場ならVラインだけショーツからはみ出さない程度にというように、季節や気分に合わせてデザインを自由に変化させられます。

毛質が変わったり、毛が薄くなる

ブラジリアンワックス脱毛で処理を続けていると、毛を作る力が衰えてくると言われています。はじめた当初は2~3週間に1度の処理ペースだったものが、人によっては6週間に1度の処理で済むようになるとも言われています。実際に徐々にムダ毛が薄くなるという専門家もいるほどです。

ブラジリアンワックスで何回も処理していると、以前より柔らかい毛が生えてくることも多いので、毛質改善も期待できます。

ブラジリアンワックスのデメリット

剥がす時にかなり痛い

ムダ毛を一気に毛根から抜くので、処理する際には必ず痛みを伴います。全身の中でも特に肌が敏感なVIOゾーンの処理は、他の部位よりもかなり強い痛みを感じることも多いです。

強い痛みが苦手な人の場合は、腕や足でブラジリアンワックスの痛みを体験してから、デリケートゾーンの処理をするのがおすすめです。

継続的な処理が必要

ムダ毛を引き抜いているだけなので、永久脱毛ができるわけではありません。2~3週間に1度のペースで、処理する必要があります。

肌への負担が大きい

ムダ毛を一気に引き剥がすため、皮膚に大きな負担を与えます。アフターケアを怠ると、赤みや痒み、黒ずみなど、肌トラブルを引き起こす可能性も高いです。

また、松ヤニを使ったブラジリアンワックスの場合は、アレルギーが出る人が稀にいます。アレルギー体質の方は、サロンでパッチテストを行うことをおすすめします。

また、自分でブラジリアンワックス処理を行った場合、加熱しすぎて火傷をしたり、肌に密着させすぎて皮膚が剥がれるというケースもあります。

肌の弱い人、敏感肌の人には向かない処理方法です。

埋没毛や毛嚢炎の原因に

・ブラジリアンワックスが原因で起こる埋没毛
埋没毛とは、ブラジリアンワックスで処理した際に皮膚が傷付き、毛穴の出口が塞がれてしまう皮膚トラブルです。毛穴の出口が塞がっていても毛穴の中ではムダ毛が伸びていくので、毛穴の部分が黒くポッコリ盛り上って見苦しくなります。

・ブラジリアンワックスが原因で起こる毛嚢炎
処理後に開いた毛穴に適切なケアをしなかったせいで、毛穴に雑菌が侵入して炎症を起こすことを毛嚢炎と言います。ひどい時は状態の悪いニキビのよう膿を含み、赤みや痛みを併発するケースも多いです。

慣れるまでは失敗することが多い

アンダーヘアの生え方や毛質で、使用するワックスの種類や塗り方が違います。ブラジリアンワックスを塗り、すぐにシートをピタリと貼るのは、初心者には至難の業です。痛みの恐怖と戦いながら気合を入れて、素早くワックスを引き剥がすという全工程を迅速に行うのは困難です。

ブラジリアンワックスを使ってのセルフ脱毛は、肌トラブルのリスクも高くなります。もし自己処理でのワックス脱毛を希望するなら、最初はブラジリアンワックス専門店で何度か体験し、どうすれば自分で上手にできそうか観察してから、自己処理をするのがおすすめです。

ムダ毛を伸ばしておかなくてはいけない期間がある

ブラジリアンワックスで処理をするためには、最低でも1cm程度のムダ毛の長さが必要です。その長さになるまでは処理をすることができないため、いつでもオールオフの状態にしておきたい人には向きません。

意外とコスパが悪い

ドラッグストアにて1番手頃な価格のものを購入しても、1000円前後はかかります。安く思いがちですが、仮に3週間に1度の処理をすると、1年では17回分の商品を購入しないといけません。1000円と換算しても年間1万7000円程度かかります。

格安の脱毛サロンなら、自己処理が楽になる状態(4回前後の施術)を2万4000円程度で行えます。脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける方が、長い目で見るとリーズナブルです。

ブラジリアンワックスで処理を行う際の注意点

セルフでブラジリアンワックス脱毛をする場合、必ずパッチテストを行ってから使用してください。生理中やその前後、体調の悪い時には痛みも感じやすくなるため、処理を避けるべきです。

また、肌が乾燥している時や、肌のコンディションが良くない時は、肌状態を改善してから使用するようにしてください。

まとめ

ブラジリアンワックス脱毛には即効性があります。彼氏とのデートや水着を着る時など、すぐに処理をしたい時には向いています。処理後に生えてくるムダ毛はほぼチクチクすることはなく、下着から短い毛が飛び出すことも少ないです。

アンダーヘアを綺麗に自己処理するのは難しいですが、ブラジリアンワックスならコツさえつかめれば見栄えよく処理できます。ただし肌に塗って引き剥がす際には強い痛みを伴うことと、肌トラブルのリスクが多いことも事実です。ブラジリアンワックスのデメリットを十分理解した上で処理を行い、処理後にはきちんとアフターケアをしてください。

1回の処理だけを考えるとローコストですが、処理回数が多くなるとかなりコスパが高くなるのも事実です。脱毛サロンなら処理を重ねるごとにムダ毛が薄くなり、回数次第では自己処理の必要がなくなります。常に綺麗な状態に整えておきたい人は、脱毛サロンで施術を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。