脱毛とワキガって関係ある?ワキガになった説、治る説、悪化説がある!?

脱毛するとワキガになる!そんなうわさを聞いたことがあります。その一方で、脱毛したらワキガが治ったという話も聞きます。ワキガが治るなら良いですが、ワキガになったりワキ汗が大量に出るようになったりすると困りものですよね。本当のところはどうなのか、脱毛の保健室メンバーが徹底的に調査しました。

そもそもワキガとは…

「ワキが臭う」「汗をかく人に多い」などが、ワキガの一般的なイメージだと思います。しかし実際のメカニズムについて、詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。

まずはワキガについて、正しく理解することから始めましょう。

ワキガと汗臭いのは違う

人体の中でも、ワキは特に汗をかきやすい部分です。緊張したり気温が高かったりすると、ワキ汗が衣類にまでじっとりと染みてしまい、困ってしまう人も多いです。

しかし、「汗かき=ワキガ」というわけではありません。汗をかきやすい体質の人はもちろん、汗をかいた場合は小まめに汗を拭きとらないと体が臭くなってしまいますが、それは単に汗くさいというだけであり、ワキガのニオイとは全くの別物です。

ワキガは道端での通りすがりでも鼻を押さえたくなる、ツーンとした独特のニオイがあることが特徴です。具体的には「玉ねぎ、香辛料クミンのような刺激臭」「チーズ、納豆のような発酵臭」という表現が近いです。

ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗

普通の汗とワキガの原因となる汗は、なぜこんなにも違いがあるのかというと、実は汗の出る場所が異なるからです。運動をしている時や暑い時に噴き出す汗は、全身に分布しているエクリン汗腺から分泌されます。

エクリン汗腺から出る汗の成分は、ほとんどが水分でサラリとしています。汗が皮脂と混ざることで汗臭くなってしまいますが、拭き取ったり、シャワーを浴びるなどで清潔を保てばすぐにニオイはなくなります。

ところが、ワキガの原因となる汗は、アポクリン腺から分泌されます。アポクリン腺は、ワキの下、耳の中など限られた部分にだけ分布しており、白っぽく粘り気がある汗であることが特徴です。

アポクリン腺から出る汗の成分には、水分以外にタンパク質、アンモニア、糖質、脂質などが含まれています。それらの成分を皮膚表面の常在菌が酸化・分解することで、ワキガ特有のツーンとした臭いが発生してしまうのです。

アポクリン腺の量は人それぞれ先天的に決まっており、その量が多いほど発するニオイも強くなります。アポクリン腺の量が多く、多汗症の人ほどワキガの可能性が高く、日本の人口の約10%程度の人がワキガ体質であるといわれています。

ワキガ体質の人の特徴

「もしかしたら、自分はワキガなのかも…」と悩む人のために、ワキガ体質の人の特徴をまとめてみました。

  • 乾燥しているタイプではなく、粘り気があり湿っているタイプの耳垢がでる。
  • 両親がワキガである。もしくは、両親の耳垢が湿ったタイプである。
  • 衣類や下着のワキ下の部分が、汗をかくと黄ばんでしまう。
  • 汗をかく体質であり、その汗に粘り気を感じる。
  • ワキ毛の量が多く、1本1本が太く剛毛である。

これらに関して当てはまる項目が多い人ほど、ワキガの可能性が高いといえます。

病気ではなく体質なのでうつることはない

ワキガへの心配として、「ワキガの人と一緒にいると、ワキガがうつってしまうのではないか」と思うかもしれませんが、そんなことは決してありません。

ワキガの人の肌に触れたり、常在菌がついた汗が付着してしまったとしても、ワキガは伝染しません。なぜなら、ワキガは遺伝的な体質の問題であり、感染病のように人から人へうつることはないのです。

脱毛でワキガになることはない!

さて、本題の「脱毛するとワキガになってしまうのではないか」という質問ですが、「ワキガは遺伝的な要素が大きいので、脱毛をしたから急にワキガになることはない」という答えが正解です。

しかし、それならなぜ「脱毛をするとワキガになる」といううわさが広がっているのでしょうか?それには2つの理由が考えられます。

1つ目は、ワキ毛がなくなることで、肌に汗が流れ落ちるのをダイレクトに感じるようになったからです。今まではワキ毛に汗が絡んでいたため、汗が流れるのをそれほど感じませんでしたが、ツルツルのキレイなワキになることで、汗がしたたり落ちるのを強く感じるようになってしまったのです。

そのため、汗をかく量が増えてしまった、ワキガになってしまった、と不安に思う人がいるというわけです。

2つ目は、ワキから流れ落ちる汗をしっかりと拭きとらずに放置し、雑菌などが繁殖して汗臭くなってしまったのをワキガになったと勘違いする人がいるからです。

先ほども言いましたが、脱毛後はワキ毛がキレイになくなるので、汗が流れ落ちてしまうことが多くなります。汗を小まめに拭き取るなど清潔を心がけておかないと、ワキガではなくとも悪臭の原因になってしまうので注意しましょう。

脱毛でワキガが悪化することもない!

既にワキガ体質の人が脱毛をためらう理由として、「脱毛することでワキガが悪化したら困る」というものがあります。しかし、脱毛でワキガになることがないように、脱毛でワキガが悪化することもありません。

ただし、脱毛後はワキ毛がなくなることによりワキに汗が流れることが増えるので、除菌ができる汗拭きシートを常に持ち歩くなど、今まで以上にしっかりと汗への対応を心掛けることが必要です。

脱毛でワキガが治ることはない!が、ニオイが緩和することはある

ワキガで悩んでいる人にとって気になるのは、「脱毛することでワキガが治る」というものではないでしょうか。残念ながら、その説には医学的な根拠はありません。

光脱毛で用いられる脱毛フラッシュをワキに照射することにより、アポクリン腺を破壊したり減らしたりできるのではないか、という誤った認識からそのような説が広まったと考えられます。残念ながらアポクリン腺は遺伝的なものであり、脱毛フラッシュで増減できるものではありません。

しかし、脱毛することでワキガの嫌なニオイを和らげる効果は期待できます。キレイにワキ汗を拭っても、ワキ毛に絡みついた汗まではなかなか拭きとれないので、それがニオイがきつくなる原因の1つになっていました。

ワキ毛がなくなることによりキレイに汗を拭きとることができるようになるので、清潔を保ちやすくワキガのニオイが緩和される効果が生まれるのです。

また、汗が常在菌に酸化・分解される時にワキガの悪臭が発生しますが、常にワキをキレイに保つことで、ワキガの原因となる酸化・分解がされにくくなります。このことも、ニオイの緩和につながります。

脱毛でワキガのニオイが和らぐ効果は期待できますが、あまり期待しすぎてもいけません。脱毛はあくまでもムダ毛をなくすための手段であり、ワキガ治療ではありません。

ワキガに悩んでいるのなら、専門医に相談するのが解決への一番の近道です。

ワキガは軽度であれば飲み薬や塗り薬で治療できることがあります。中度であればボトックス注射を打つことで改善される場合もあります。重度の場合は、外科的な手術も必要となってくるでしょう。

精神性発汗はニオイがきつくなるともいわれ、ワキガについて1人でくよくよ悩んでいると悪循環に陥ってしまいます。まずはクリニックへ受診に行き、ワキガと向き合ってみましょう。

まとめ

脱毛とワキガの関係について、しっかりと理解してもらえたでしょうか。脱毛でワキガになることも、ワキガが良くなることもありませんが、ニオイを緩和する効果は期待できます。

ワキの下を清潔に保つうえでも、ワキ毛の脱毛はメリットが高いと言えます。ワキ毛がなくなったことでしたたり落ちてくる汗が多くなったと感じるかもしれませんが、多汗症になったわけでもありません。

拭い取ったり、汗ワキパッドなどを使用するなどでしっかりと対応すれば、ニオイを軽減し快適なワキを保つことができると言えます。