VIO脱毛前に彼氏(夫)に相談するべき?全剃り後の反応はどう?

VIO脱毛をする前に彼氏や夫に相談しようか悩む女性も多いはず。お店によってはハイジ二ーナ(無毛)脱毛と呼ぶところもあり、アンダーヘアのデザインは人によって様々です。全剃りしてしまったら、男の人の反応はどうなのか?

形を整える程度なら内緒で行ってもバレないのか?などなど、脱毛の保健室メンバーが徹底的に調査し、回答します。

VIO脱毛に関する男性の意見をまとめてみました

全く手入れしていないのはNG

ワキや手足などの脱毛はもはや常識ですが、近頃はデリケートゾーンでもあるVIOに関しても、整えたり脱毛する人が増えていっています。それに対し、脱毛の口コミサイトなどでも男性の好意的な意見が目立つようになっています。

  • 毛があると邪魔くさいし、見た目が汚らしい。毛が無いほうが見た目が良いので歓迎(30代・男性)
  • 個人的にハイジニーナは清潔感があっていいと思う。キレイになろうと努力するのはいいことかと。うれしいし、応援したい(20代・男性)
  • 毛が無いことで清潔になると思うので歓迎です。また、毛が多いと引っ張られて痛がってしまうこともあるので、そのようなことが無いところも良いと思います(20代・男性)

このような好意的な意見に加え、脱毛が主流の現代では、VIOラインを整えている女性としか付き合ったことがない男性もいます。その場合、全く処理していない人と初めて付き合うとびっくり…なんてこともあります。

とはいえ、やはり女性に「アンダーヘアを整えてほしい」と言い出せる人は少なく、心の中で思っているだけの人も多いです。

全剃りには拒否反応を示す男性も多い

だからといって、VIOラインのムダ毛をすべて取りのぞいてしまうことが男性に好印象だとは限りません。中にはVIOラインを無毛にしてしまうことに拒否反応を示す男性もいます。

特に30代、40代と年齢が上がるにつれ、拒否する男性の割合は高くなる傾向にあります。

あるアンケート結果では、20代の男性の場合は半数が「賛成」でした。しかし、裏を返せば「半数の男性は抵抗感がある」ということになります。

今付き合っている彼氏に言われて、無毛にしようとしている人は、自分が本当に無毛にしたいのか、もう一度よく考えてみるべきです。彼氏の意見を優先することも大事ですが、脱毛は自分のために行うという意識も忘れないようにしましょう。

VIO脱毛を彼氏(夫)に内緒で行うのは難しい!

最終的に毛を残す場合でも、脱毛中には無毛になるときがある

最終的に全ての毛を脱毛する場合はもちろん、ある程度、毛を残す場合でも、最初は全ての毛を剃って、全面に脱毛器の光を照射し、形を整えて行くことがほとんどです。

つまり、脱毛中に無毛になってしまうときがあります。恥ずかしいので彼氏(夫)に内緒で脱毛したい気持ちも分かりますが、綺麗なVIOラインを目指すのであれば内緒で行うのは難しいでしょう。

もちろん、どうしても内緒で行いたい場合はエステティシャンに相談の上、行うことも可能です。ただ、せっかくお金を出して行うわけですし、彼氏(夫)に相談した上で、綺麗に脱毛をすることを優先した方が将来的に早く理想の形に近づけます。

エステティシャンに理想の形を相談する場合は、希望の形のプレートを持参するなどすると良いです。とても複雑な形でない限り、その形に整えてくれます。また、どんな形にしたらいいのか分からないという場合も、人気のある形や自然に見える形など提案してもらえるので、その中から選ぶと良いでしょう。

無毛期間に見せなければ大丈夫だけど、言い訳を考えなければならない

無毛期間は光脱毛の照射を行ってから1カ月から3カ月程度なので、その期間を彼氏(夫)に見せないように気を付ければ、バレることはありません。

VIO脱毛は生理中にはできないので「今日は生理だから」という言い訳を使ってしまうと、後日、本当に生理が来たときに「また?」と不信感を持たれてしまう可能性があります。

うまく言い訳を考えておかないと、ただ単に拒否していると思われ、傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。

相手に内緒にしたいのであれば、慎重に言い訳を考える必要があります。

いきなり無毛になると驚く男性が多いので事前に報告しておく方が良い

彼女(妻)のVIOラインがいきなり無毛になっていると、大抵の男性は驚いてしまいます。中には浮気を疑う人もいるので、無用なトラブルを避けるためにも、事前に報告しておいた方が無難です。

報告・相談して反対されたときにはメリットを説明する

無用な心配をかけたり、トラブルを避けるために、事前に報告した際に「本当に安全なの?」「わざわざ脱毛する必要はあるの?」などと反対されてしまった場合は、脱毛するメリットを説明してみましょう。

理解を得ることで、彼氏(夫)も経過を楽しみにしてくれたり、興味を持ってくれたりするかもしれません。脱毛を支持する男性の中には、相談してくれれば費用は出しても良いと考えている人もいます。

もしかすると、彼氏(夫)も脱毛のメリットを知ることで嬉しい協力者になってくれるかもしれません。

メリット1:どんな水着や下着も着こなせるようになる

面積の小さな水着や下着もアンダーヘアがはみ出ることを気にせず、着ることができます。水着を着ているとき「動いているうちにアンダーヘアがはみ出してしまった」という恥ずかしい思いをせずにすみます。

安心して楽しむことができるという思いを伝えましょう。きっと彼氏(夫)も自分好みの水着や下着を着てくれるというあなたへの期待も膨らむはずです。

面積の小さな水着や下着などを身に着けている時、動いているうちにアンダーヘアがはみ出してしまった…という恥ずかしい思いをすることなく、着たい物を自由に着て安心できることを伝えましょう。

彼氏(夫)に、自分好みの水着や下着を着てくれるかもという期待を持たせてあげれば、快く協力してくれるはずです。

メリット2:蒸れやニオイが軽減し、衛生的になる

アンダーヘアがなくなることで、蒸れにくくなり、ニオイも軽減します。Oラインを脱毛すると排泄物がアンダーヘアにつかなくなるので、衛生的です。V・Iラインを整えると、経血もつきにくくなり、生理のときの衛生管理も楽になります。

実際にVIO脱毛を生理時のトラブル軽減のために行う女性も多く、その効果に満足する女性も多いです。

アンダーヘアがなくなることで、蒸れにくくなり、ニオイも軽減します。例えばOラインがなくなれば排泄物がきれいに拭き取れ、V・Iラインを整えると生理による経血が付きにくくなるなど、衛生的で楽になります。

実際、VIO脱毛を生理時のトラブル軽減のために行う女性も多いことを伝え、自分もトラブルにならないように脱毛したいという思いを伝えてください。

メリット3:自己処理よりも安全

多くのエステサロンで利用されている光脱毛は、毛の黒い部分(メラニン色素)にのみ反応する光を当てて、その熱で毛根にダメージを与えることで脱毛効果を促します。

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、刺激の強い脱毛クリームを塗って自己処理すると肌を傷つけてしまいます。カミソリは肌に刃を当てるため乾燥の原因になりやすく、毛抜きも埋もれ毛の原因になってしまうため肌トラブルを引き起こしやすいです。

それに比べて脱毛は安全に行うことが出来ます。

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、脱毛クリームを塗ったりの自己処理を行うと、デリケートな部分なので特に肌を傷つけ、炎症や肌トラブルを起こす原因になります。
サロンで脱毛するのであれば、毛根にダメージを与えるので安心だということを伝えましょう。

以上のメリットを説明してもまだ彼氏(夫)に反対されている場合、何か相手に心配なことがあるのかもしれません。よく話し合い、二人が納得できる妥協点を見つけましょう。

例えば、体に何か害がありそうで心配…というのであれば、身近な友人も通っているサロンだったり、体験だけ試してみる許可をもらうのも良いです。

また、無毛になることに対しての違和感であれば、下着からはみ出す部分の毛を処理するなどからスタートしてください。
 

まとめ

VIO脱毛は、無毛にしない場合でも脱毛期間中はつるつるの無毛になってしまう時期があることや、余計なトラブルを引き起こさないためにも、彼氏(夫)に相談しておいた方がお互いのためにベストと言えます。

実は相手も、あなたに脱毛や処理をして欲しかったなど、何か心に秘めたものがあったかもしれません。また、全部の毛を剃ってしまうのは人により大きく好みが分かれるため、相手の意見を優先するというよりは、自分が将来的に後悔しないよう慎重に検討することが大切です。