VIO脱毛は痛いって本当ですか?痛みを減らす方法はありますか?

脱毛経験者の口コミを見ると、VIOは一番痛いという声をよく見かけます。始めから痛いと言われると恐怖感もあるし、あまりの痛さにガマンできないかもと思うと不安になってしまいますね。

でも脱毛を諦めるのももったいない話です。どうにか痛みを減らす方法はないのでしょうか?脱毛の保健室メンバーがとことん調べ、最高のアンサーを用意しました。

VIO脱毛は痛い?リアルな体験談をチェック

サロンで光脱毛した人は…

  • VIO以外にも脇や脚などもサロンで脱毛しました。他の部位は全然痛くなくて、寝てしまうくらいだったんですが、VIO思わず声が出てしまうほどの痛みでした。おそらく10倍は痛かったと思います。
  • かなり毛深いので覚悟はしていましたが、脂汗出るほど激痛です。部位別では、V、Oラインは脇と同じくらいでまだ我慢できました。でもIは本当に痛くて、3回目まで歯を食い縛って耐えました。それ以降は毛が格段に少なくなって、痛みも平気なレベルになりました!
  • 脱毛サロンで全身脱毛をして、VIOもプランの中に入っていました。VIOは他の部位に比べるとちょっとだけ痛かった程度で、光を照射された時にチクッと感じるくらいです。怖がるほどの痛みではなく、肌トラブルも起きずムダ毛も綺麗に無くなってくれました。

他の部位では痛くなかったという方も、VIOでは痛みを感じる方が多いです。痛みの程度や感じ方は人それぞれですが、一般的には最初の1、2回がつらい痛みになるようです。そこさえクリアできれば、毛量が減るのとともに痛みも感じにくくなります。

一方で、最近では痛みを感じにくい最新機種の脱毛機を導入しているサロンも増えており、最初からあまり痛くなかったという意見も見られます。

医療レーザーで脱毛した人は…

  • ワキもVIOも脱毛クリニックでしたが、VIOの方が比較にならないほど激痛でした。1回目は出力を弱めてくれますがそれでもかなり痛く、2回目も痛過ぎて出力を上げられませんでした。4回目あたりからは毛量も減って、我慢出来るようになりました。
  • もちろん痛みはありましたが、麻酔を使うほどではなかったです。Iラインも痛いですが、個人的にはVラインが一番痛かったです。Oは毛が少なかったのか、あまり痛くなかったです。痛さを例えると、毛抜きでIラインの毛を1本抜くよりはマシという程度です。

医療レーザーは出力が大きいだけあって、痛みも相当なようです。しかしその分通う回数が少なく済むこと、どうしても我慢できない場合は麻酔を使うことができるなどメリットもあります。

こちらもやはり、回数を追うごとに毛量が減っていくので、初めの数回の激痛さえ乗り切れば後は我慢できる範囲の痛みになっていくようです。

ブラジリアンワックスで脱毛した人は…

  • 最初は毛が硬いので、正直とても痛いですが、なんとか我慢できる程度です。次に生えてくる毛は柔らかい毛だったので最初よりは痛くなかったです。ただ生理が近くなると、肌が敏感になるのか特に痛さを感じやすいです。
  • バリっと剥がす時一瞬だけ、とても痛いです。コツがつかめず、うまく抜けない毛があると余計痛くなります。痛みに弱いと、最初だけで辞めてしまうかも。でも毎月やっていたら扱いにも慣れてきて、肌も慣れてしまったのかあまり痛くなくなってきました。

痛みは剥がす時に一瞬あるだけですが、ムダ毛を一瞬で根こそぎ抜いてしまうので、すぐにツルツルになる爽快感が特徴です。専門サロンではなく自分で行う場合、VIOはコツのいる部位になるので、慣れないうちは痛いだけで抜けないなんてこともあるようです。

また、肌トラブルや埋没毛にも注意が必要です。加えて減毛効果や永久脱毛効果はないので、定期的に脱毛処理をし続けなくてはなりません。

痛みが気になる人は、サロンでの光脱毛が一番おすすめ

医療レーザーの場合、照射パワーが非常に強力です。医療機関なので麻酔をしてもらえることもありますが、それでも痛みが我慢できずにサロンに乗り換えたという人もいるくらいです。

サロンでの脱毛も、脱毛方式によっては無痛とまではいきませんが、医療レーザーやブラジリアンワックスに比べると痛みやトラブルが一番少ないと言えます。

また、痛みも脱毛が進めば少なくなるし、脱毛が完了すればもう痛みを我慢することも無くなります。面倒な自己処理からも解放されます。

痛みの程度は個人差がありますが、口コミサイト等では、例えるなら輪ゴムでパチンと弾かれたような感じ、というものが多く見られます。

特に痛みを感じやすいのはIライン

痛みの感じやすさは毛量や毛質、色素沈着の具合にもよりますし、刺激に対する敏感さによってもかなりの個人差があります。

Iラインとは

一般的に、Iラインと呼ばれるところは性器の周辺部分のことです。範囲は正面から見た時、割れ目が見える辺りから、または下着のクロッチの前の縫い目付近からです。後ろはОラインがお尻の穴を中心に半径2cm程度なので、そこに繋がる部分までとなります。

粘膜に近い部位なので、同じIラインでも施術を受ける所によって脱毛してくれる範囲が変わります。例えばサロンの場合、ギリギリまで施術してくれる所もあれば、脚の付け根から2センチまでなど、範囲が決められている所もあります。

Iラインはなぜ痛い?

Iラインの毛質は、ワキと同じように固くて太い毛である場合が多いです。すると施術により毛根に与えられるダメージが大きいので、刺激も強くなります。また、Iラインは普段は守られている部分で、強く刺激される経験がありません。皮膚も薄く、デリケートな部位になるので余計痛みを感じやすいのです。

サロンでの光脱毛や医療レーザーは、施術の1回目の刺激が一番強く、その後毛が少なくなると共に痛みは減っていきます。

VIO脱毛の痛みを軽減する方法

個人差があるとは言え、やはり痛みはない方がうれしいですね。少しでも痛みを和らげる方法を知っておけば、施術を受ける時も安心です。

普段から保湿を心がける(V・Iライン)

サロンでの光脱毛の場合、肌が乾燥しているとより痛みを感じやすくなります。これは、乾燥により肌のバリア機能が低下して、刺激により敏感になってしまうためです。

Vラインは下着の履き口の摩擦などが加わりやすいので、保湿クリームやボディローションで普段からの保湿を心がけましょう。

Iラインは蒸れやすい部位ですが、下着やナプキンが擦れて意外と乾燥しがちです。ボディローションだと、より蒸れがひどくなってかぶれてしまうなど、肌トラブルになり兼ねません。Iラインの保湿には、お風呂上がりの清潔な状態でデリケートゾーン専用クリームを使用するのがおすすめです。

生理前後など体調不良時は避ける

生理の前後や、睡眠不足、風邪など体調不良時は、肌の機能も本調子ではないので敏感になりがちです。また、二日酔いのときも同様なので、痛みを強く感じやすくなります。
肌トラブルがある時も、バリア機能が弱っているということなので刺激に敏感になってしまいます。体や肌の調子が悪ければ、無理はしないようにしましょう。

カフェインの摂取を控える

カフェインは神経を過敏にし、痛みを感じやすくさせてしまいます。カフェイン含有量は、特にコーヒーや玉露、栄養ドリンクに多く含まれています。それ以外にも紅茶やウーロン茶、ほうじ茶など比較的良く飲むお茶、コーラやココアのような甘い飲み物にも入っているので注意が必要です。

安心して飲めるのは水、麦茶、ルイボスティーやハーブティーなどです。不安な場合は、ノンカフェインと記載してある飲み物を飲むようにしましょう。

施術前後はしっかり冷却する

サロンで施術を受けると、光を照射する前に冷却する場合が多いです。このことからも分かるように、しっかりと冷却することで痛み軽減することができます。冷却により、照射後の炎症や火照りを抑えることができます。

サロンの場合:スタッフとコミュニケーションをとる

不安を感じるとストレスとなり、痛みを敏感に感じる原因になってしまいます。また、痛みを感じる部位に意識を集中させてしまうのも良くありません。

口コミなどを見ると、スタッフとコミュニケーションをとることで気を紛らわせることができ、痛みが軽減されたという方も多いです。

照射スピードをゆっくりに、とか照射前に声かけしてほしいなど、希望を伝えて安心して施術が受けられるよう、スタッフにリクエストするのも良いでしょう。

サロンの場合:どうしても我慢できないなら照射パワーを下げてもらう

上記の方法を試しても、どうしても痛い場合の最終手段となります。我慢できないほど痛い場合は、パワーが自分にとって強すぎるということです。そのような場合は、光の照射パワーを下げてもらえば痛みが少し和らぎます。ただ、それに比例して脱毛に対する効果が弱くなってしまうことは理解しておかなければなりません。

まとめ

VIOは人気の脱毛部位ではありますが、特に痛みを感じる部位でもあります。ハイパワーの医療レーザーは激痛覚悟で行かなければなりませんし、自己処理をするにしても、ブラジリアンワックスはかなり痛く、それを定期的に行なわなければいけません。

我慢できる痛さの範囲内で、処理後の肌トラブルも少ないのはサロンでの光脱毛となります。回数を重ねるうちに毛が少なくなるので、感じる痛みも軽減していきます。

肌の調子が悪い時や、体調不良の時には無理をしないこと、痛みを軽減するための対策をしておくことで、脱毛の施術を少しでも快適なものにしましょう。