VIO脱毛って恥ずかしくないですか?姿勢や格好ってどんな感じなのでしょうか?

VIO脱毛のことは気になるけど、恥ずかしくて迷っている方も多いと思います。確かに普段は人に見せることのない部分を、初対面のスタッフに見られると思うと恥ずかしいです。

VIO脱毛経験者のみなさんはどうだったのでしょうか?また、サロンのスタッフはどう思っているのでしょうか?施術時はどんな姿勢や恰好になるのかも、気になりますね。
これらの疑問点を解決することが、恥ずかしさも乗り越えられる手助けになっていきます。

どんな風に施術をするのかも含め、脱毛の保健室メンバーがとことん調べ、最高のアンサーを用意しました。

VIO脱毛はやっぱり恥ずかしいですか?

VIO脱毛の恥ずかしさには、2種類あると考えられます。それぞれに対してアドバイスも記載するので、是非参考にしてください。

VIOが剛毛すぎるので見せるのが恥ずかしい

他の人とは比べたことなんてないけれど、かなり毛深くて剛毛な方だと思います。油断すると水着や下着からはみ出す程です。その上、ゴワついてボリュームが出てしまうので、下着がこんもりしてしまいます。こんな剛毛だと、人に見られるのも恥ずかしいです。

【先生からのアドバイス】
サロンで脱毛してもらう時には、事前に自己処理を行う必要があります。もし剛毛だったとしても毛が伸びていなければ、元の状態はスタッフにも分かりません。綺麗にシェービングしていけば、恥ずかしい思いもしません。

I・Oラインの場合自己処理が難しいので、シェービングをスタッフにお任せする場合もあります。もしその時に見られたとしても、サロンのスタッフは毎日様々な毛質・毛量の人をたくさん見ているので、何とも思っていません。どちらにしても、気負わず安心して施術を受けられます。

デリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい

Vラインならまだしも、足を広げられてI・Oラインを間近で見られるのが恥ずかしいです。

【先生からのアドバイス】
VIO脱毛経験者の意見では、恥ずかしいのは最初だけで、最初さえ乗り越えれば2回目以降は慣れてしまい、「恥ずかしさ」がだんだんなくなるという意見が多いです。

サロンでは姿勢を変更する場合、光を照射するタイミングなど、スタッフからこまめに声をかけてもらいながら施術を受けるので安心できます。また、施術中ずっと露出しているわけではなく、関係ない部分にはタオルをかけてくれるなど、なるべく見えないよう気遣ってくれます。

照射する光から目を保護するために、ゴーグルをつけるサロンも多いです。ゴーグルをつけると周りは見えなくなるので、見られているという恥ずかしさも和らぎます。もしゴーグルがない場合、アイマスクを貸してくれるサロンもあるので、カウンセリングの時などに確認してみましょう。

脱毛サロンの人はどう思ってるの?

大切な部分を任せてもらっている責任感があります

VIOは痛みを伴いやすく、デリケートな部位にもなるので、他の部位よりも慎重に施術を行う必要があります。そのため、特に集中力を要するので、他のことを気にしていられません。毛深さなどを気にするどころか、普段人に見せないような大切なところをお任せくださっているので、責任感を感じると同時にありがたいと思っています。

見られることを気にする方は多いですが、施術する側としては毎日たくさんの方を施術しているので、どんな状態であろうと全然気になりません。毛量の多かった方が脱毛の回数を重ねて、だんだんキレイになっていくと達成感がありますし、こちらも嬉しくなります。

VIOの脱毛はどんな姿勢や恰好なの?

ガウン&紙製のショーツに着替えます

サロンにはガウンが用意されており、ベアトップタイプやキャミソールタイプなど、さまざまな形状があります。VIO脱毛の時には、ほとんどのサロンの場合、専用の紙製ショーツに履き替えます。通常のショーツ型のほか、紐パンツのような形状で、隠す部分を移動できるようになっているものもあります。

Vラインは仰向けに寝転がって施術

基本姿勢は仰向けに寝そべった状態で、足はまっすぐ閉じたままです。光を照射する部分だけ、紙製ショーツをずらしていきながら施術を進めます。露出している部分は必要最低限です。

Vラインは、一部残すのか、全部つるつるにしたいかで施術する範囲も変わってきます。残す場合はあらかじめ希望の形に自己処理をして行きます。逆三角形や楕円、長方形などいろいろなパターンがあります。

一部残すとしても、残す部分の毛量を減らしたい場合は最初の2~3回は全部処理するなどの場合もあります。人により変わってくるので、恥ずかしがらずサロンのスタッフに相談してみましょう。

Iラインは仰向けで寝そべり、片足の膝を外側に倒して施術

基本姿勢は仰向けに足を少し開いて寝そべり、片方の膝を立て、立てた膝を外側に倒します。倒した方から片方ずつ施術を行い、光を照射する部分だけ紙製ショーツをずらします。反対側も同様の手順です。サロンや毛の生え具合により、ショーツを脱いで行う場合もあります。

Оラインは基本うつ伏せ。時には四つん這いに

基本姿勢はうつ伏せか、横向けに寝そべった状態です。紙製ショーツは脱いだり、ハサミで切ってしまう場合も多いです。お尻の割れ目を広げながら照射するので、少ないですが四つん這いになって施術するサロンもあります。

サロンによっては施術をふたりで行い、1人がお尻を広げ、もう1人が照射することもあります。また、運動などをしている人はお尻の筋肉が発達しているため、スタッフひとりでは十分に施術箇所を広げられないため、お尻の穴を広げてと頼まれることもあります。

Оラインの処理が、VIO脱毛の中でも一番恥ずかしい姿勢を取ることもあります。ただし、照射範囲が小さく施術時間も短く済むので、恥ずかしいと感じる間も無いかもしれません。

四つん這いは恥ずかしいという場合など、姿勢に関しては相談できることも多いので、事前にどのような姿勢で施術をするか、確認しておくと良いでしょう。

まとめ

まず、全裸になるわけではないですし、ずっとデリケートゾーンを露出して見られているわけではないので安心しましょう。大事な部分はできる限り隠しながら施術してくれます。

サロンのスタッフはデリケートな部位だけに、VIOの施術はかなり気を使い、施術に集中しています。また、たくさんの人を施術するのでデリケートゾーンを見て特別な感情は持ちませんし、恥ずかしいなんて思っていません。
はみ出したムダ毛を見られる方がもっと恥ずかしい思いをします。よく知れば意外と恥ずかしくないVIO脱毛、思い切って始めてみてはいかがでしょうか。