腕毛処理の正しい方法を教えてください。※部位別の正しい自己処理法を回答※

すぐ伸びる腕毛、正しい処理方法はあるの?

きちんと腕毛の処理をしているのに、気が付くとうっすら伸びていて困惑することはありませんか?両腕は上半身の中でも、特に人目に触れることが多い部位です。

夏場になるとノースリーブを着る機会も増えるので、腕毛の生え方には神経質にならざるを得ません。満員電車で隣の人に腕が触れても気になるし、彼と腕を組む際にチクチクしていたら彼には不快な印象を与え、あなたの女子力も疑われてしまいます。

そんな悩ましい腕毛に、正しい処理方法はあるのでしょうか。脱毛の保健室メンバーがとことん調べ、最高のアンサーを用意しました。

腕毛の自己処理で肌トラブルが多発

腕の自己処理は頻繁に行う人が多いので、腕には肌トラブルが多発します。露出する機会があると少々デリケートな状態でも自己処理をやめず、更に肌状態を悪化させて後悔する人が多いです。

そこで腕にはどんな肌トラブルが起こりやすいのかをまとめました。トラブルの内容が把握できたら、自分の腕の肌状態には問題がないかチェックしてみてください。

カミソリや毛抜きは黒いブツブツの原因に

腕は凹凸が少なくカミソリが使いやすい部位なので、入浴中にボディソープをつけて、T字のシェーバーでサッとシェービングする人が多いのではないでしょうか。

手軽に短時間で処理ができる方法ですが、カミソリで処理をすると肌の表面にある角質も一緒に削り取ってしまいます。そのため肌荒れやカミソリ負けを起こしやすく、粉ふきして艶がないくすんだ肌色になってしまいます。

また肌表面の腕毛を除去するだけなので、毛穴に埋まっているムダ毛が黒くブツブツに見えます。またカミソリで角質を削り取るとキメが荒くなり、毛穴が目立ち安くなります。肌のコンディションが悪くなればなるほど、黒いブツブツは毛穴の大きさが更に目立つようになります。

さらに、カミソリで繰り返し剃っていると皮膚に傷ができ、カサブタが毛穴の中に詰まってしまいます。毛穴に出口がなくても毛穴の中で毛は伸びるので、毛穴が黒く盛り上がってしまいます。この肌トラブルを「埋没毛」といいます。毛抜きで無理に毛を抜いても、埋没毛は出来やすいです。

毛抜きやカミソリで繰り返し皮膚の表面を傷つけると、毛穴に雑菌が入りニキビのように炎症を起こします。患部周辺が赤く盛り上がることもあり、酷い時は痒みだけでなく痛みを感じるケースもあります。このような肌トラブルを繰り返していると色素沈着が起こり、肌が黒ずんでしまいます。

お手軽な除毛クリーム…も肌への刺激は強い

除毛クリームは塗って水で流すだけなので、腕毛の処理が簡単にできます。カミソリと違って傷もできず、毛先も丸く仕上げられるのでチクチクする違和感が少なくてすみます。

ところが除毛クリームは、タンパク質のムダ毛を溶かすほど強力なアルカリ性のクリームです。肌への刺激も強く、頻繁に使いすぎると肌荒れの原因になります。

除毛クリームを使うのは、処理をしにくい部位の部分使いや、いざという時に使うのがおすすめです。前回使用時に異常がなくても肌コンディションによってはトラブルを起こす可能性があるので、使用前には必ずパッチテストを行ってから使用してください。  

脱毛(除毛)タオルは太い毛には効果が出にくい

脱毛(除毛)タオルは、繊維に産毛を絡めて毛穴からムダ毛を抜いたり、摩擦でムダ毛を切ったりするアイテムです。

角質ケアの効果もあり、ザラつく肌をツルツルに仕上げる効果もあります。素材はポリエチレンやナイロンなどの化繊の製品が多いですが、天然コットンやシルクで出来ている肌に優しい製品もあります。

使い方は入浴時にボディソープを泡立て、いつもと同じように脱毛(除毛)タオルで洗うだけです。注意点は早くムダ毛を擦り取りたいと強く擦ると、肌を痛めて肌荒れや色素沈着の原因になります。肌状態が良くない時は使用を避け、使用を再開する場合は前回よりも力を抜いて使ってください。

脱毛(除毛)タオルは産毛用に作られている製品が多いため、太くて硬いムダ毛には効果が出にくいです。あくまでも産毛除去を目的に、肌に負担をかけないように使用してください。

腕の部位別・正しい自己処理方法

一言で腕と言っても、ヒジから上(二の腕)、ヒジから下、ヒジの3つの部位に分けられます。自己処理をする場合はどの腕の部位でも電気シェーバーがおすすめで、長いムダ毛が生えているようなら3~5ミリ程度にハサミで長さを整えてから、電気シェーバーで処理をします。部位ごとに綺麗に仕上げるコツがあるので、これから解説をしていきます。

ヒジ上(二の腕)は鏡を効果的に使用

ヒジ上(二の腕)は自分では見えにくく、自己処理がしにくい部分です。特に裏側は直接見えないので剃り残しができやすく、注意して確認をしておく必要があります。

表側だけ綺麗に処理ができていても、裏側だけモジャモジャなんておかしな話です。自分では「綺麗に処理ができている」と思って満足しているのに、横や後ろから見る人は「格好悪い」と思うわけですから、気がつかずに大恥をかき続けてしまいます。

剃り残しができないように、裏側を確認しやすい鏡で確認をしながら、体用の電気シェーバーで丁寧にシェービングしてください。この時に見えにくいからといって何度も同じ部分を処理すると必要以上に肌に負担がかかり、肌荒れの原因になります。

ヒジ下は見えやすい位置だからこそ、やりすぎに注意

ヒジ下は裏側も自分の目で見えやすく、ムダ毛が生えてきたこともすぐに気がつきます。また腕の中では冬であっても露出する機会が多いので、気になって頻繁に自己処理をしがちになりますし、ムダ毛が伸びやすいのも処理回数が増える原因になります。

肌への負担が少ない電気シェーバーでも、処理の回数が過剰になると肌荒れや色素沈着の原因になるので注意してください。

少しでも肌への刺激を少なくするためには、ムダ毛の流れにそってまっすぐ電気シェーバーを動かし、動かす時は肌に押し付けないように気をつけてください。また処理回数は多くても週に3回までに抑えるのが無難です。

良く伸び縮みするヒジは顔用シェーバーで

ヒジのムダ毛は、腕のムダ毛の中でも独特です。ヒジにムダ毛が生える人は少ないですが、生える人は1~2本ヒョロッと生えているので目立ちます。ヒジのシワの中にわかりにくいムダ毛が伸びていることもあります。

ヒジは皮膚が伸び縮みするので、埋没毛ができやすい部分です。自己処理だけのせいではなくテーブルなどで肘をつく機会が多いので、色素沈着(黒ずみ)も悪化しやすいです。

直視しにくく皮膚にシワができるので、剃り残しがよくできます。腕を曲げ伸ばししながら、ムダ毛が残っていないかを確認しながら処理をすると綺麗に仕上がります。

どの部位も処理後のケアを忘れないようにする

肌に1番優しい電気シェーバーでも、処理後の肌は乾燥しやすくなります。痒みや火照りを感じる場合は、まず冷やしたタオルで処理した部分をクールダウンさせます。落ち着いたら普段使用している化粧水やボディクリーム、ワセリンなどを塗り、しっかり保湿をしておいてください。

脱毛サロンでの腕脱毛も検討してみよう

腕は3パーツで構成されているので面積が広く、自己処理をするのに時間がかかるので面倒だと感じる人が多いです。手間を減らしたいと思うなら、脱毛サロンで脱毛するのがおすすめです。脱毛サロンで腕脱毛をすると、どんなメリットがあるのかをまとめました。

自己処理の手間が格段にラクに

毛根にダメージを与えてムダ毛を処理する光脱毛なら、施術を受ける度に腕毛がどんどん薄くなります。自己処理が楽になる状態からほぼしなくてもよい状態まで自由に選べ、思い通りの毛量にコントロールすることができます。

腕毛が毛深くて2~3日に1度処理しないと見苦しくなる人や、処理をしても毛穴に黒いブツブツができて気になる人は、光脱毛で毛穴の中からすっきり処理するのがおすすめです。

肌色がワントーン明るくなる

光脱毛の光には、フォトフェイシャルの機能があります。肌の新陳代謝を促し美白効果も期待できるので、ワントーン明るい透明感のある美肌に仕上げられます。

サロンでは腕のパーツ分けに注意する

腕のパーツ分けは、「ヒジ上」「ヒジ下」「手の甲と指」の3つが基本です。キレイモではこの3つに加え、「ヒジ」が脱毛範囲に入っています。「ヒジ」の脱毛を希望する場合は、申し込む脱毛サロンの脱毛部位を、しっかり確認をしてください。

「ヒジ下」だけでは境目が気になる

身に付ける洋服は7分丈が多いからと、ヒジ下だけの脱毛する人もいます。ただし施術が進むと脱毛している部分としていない部分がくっきり別れるので、ヒジから上の肌に腕毛がたくさん生えているのを見るだけでストレスになります。脱毛する時は、腕全体を一気に脱毛しておく方が満足できる仕上がりになります。

腕を脱毛すると肩や背中などの周辺部位のムダ毛が気になる場合も多いので、1パーツ当たりの料金が格安になる全身脱毛コースで脱毛するのもおすすめです。

まとめ

腕毛の自己処理をするなら、電気シェーバーが安全で肌に優しく、素早く処理ができます。ただし処理後は多少なりとも肌はダメージを受けるので、処理後のアフターケアは忘れないでください。両腕は普段から紫外線や外気に触れる機会が多く、思った以上に乾燥しています。自己処理後だけではなく、普段から肌に潤いを補うように心がけることが大切です。

両腕の面積はかなり広いので、度々自分で処理をするのは面倒です。自己処理の手間を減らしたいと考えるなら、脱毛サロンで光脱毛の施術を受けるのがおすすめです。脱毛サロンで脱毛完了すれば、突然腕まくりをする時でも躊躇することがなくなります。脱毛前のように、うっかり処理を忘れて恥ずかしい思いをすることもなくなります。