背中のムダ毛処理どうすればいい?脱毛タオルorクリームorエステ ?

背中は、合わせ鏡などで確認しなければならず、手も届きにくいので、自己処理するのが難しい部分です。しかし、水着や大きく背中のあいたドレスを着用するときには、きれいに処理をしておかないと、ムダ毛が目立ってしまいます。

背中のムダ毛は、脱毛タオルやクリームで上手に自己処理できるのでしょうか?脱毛の保健室メンバーがとことん調べてみました。

背中の毛の自己処理方法まとめ

肌を傷つける可能性が高くおすすめできないカミソリ

安価で購入できるカミソリでの剃毛は最も手軽な方法です。しかし、手や足の処理と異なり、直接自分の目で確認することができない背中にカミソリを当てるのは危険です。

柄の長い背中用のカミソリも販売されてはいますが、場所によって届きにくかったり、刃が当たりにくかったりするため、自分でまんべんなくきれいに剃るのは簡単ではありません。

また、カミソリで毛を剃ると、数日後、毛が伸びてきたときに肌触りがチクチクしてしまいます。その度に肌にカミソリを当てると表面の皮脂も削り取られ、炎症やカミソリ負けを起こしやすくなるため、肌のことを考えるとおすすめできません。

自分では処理できる範囲が限られる電気シェーバー

電気シェーバーは刃にガードがついているため、直接刃が触れるカミソリより肌に優しいです。

背中用の電気シェーバーも存在しますが、合わせ鏡で毛元を確認しながら操作しなければならず、元々、産毛のように細い毛は処理しづらいというデメリットがあります。

また、多くの電気シェーバーは肌に対して垂直に当てなければならないため正しい角度で(肌に)当てるのが難しく、また手の動く範囲が限られているため背中全面をきれいに自己処理するのは難しいです。

一人でも簡単に行えるが肌への負担が大きい脱毛クリーム(除毛クリーム)

脱毛クリーム(除毛クリーム)は、クリームを塗り、数分放置した後、洗い流すだけでムダ毛を処理できます。手が届きにくい肩甲骨の辺りも、鏡で見ながらヘラを使って塗っていけば、塗り残しなく一人で背中全面の処理をすることが可能です。

ただし、除毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムは、毛だけではなく肌にもダメージを与えてしまいます。

正しく使用しなければ、赤みやかゆみが出るなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるので、使用前には必ず取扱説明書をよく読んでください。

また、背中の肌荒れは気づきにくい場合があるので、使用前後の肌の状態をよく確認することも大切です。肌の弱い人はパッチテストを行い、ピリピリとした刺激を感じたら使用を中止するようにしてください。

ちなみに「脱毛クリーム」と言っても、毛根から脱毛するわけではなく、皮膚の表面に出ている毛だけを溶かして除毛しているので、正確には「除毛クリーム」です。一般的に「脱毛クリーム」と呼ばれることが多いので、ここでは脱毛クリーム(除毛クリーム)と記載しています。

自分一人で処理するのは難しいブラジリアンワックス

ワックスを肌に塗った後、シートを貼り、剥がす時に毛も一緒に引き抜く方法です(一部、シート不要のワックスもあります)。ワックス自体は砂糖やハチミツなど、 天然由来の成分を使ったものが多く、肌に優しいです。

しかし、洗い流せるだけの脱毛クリーム(除毛クリーム)とは異なり、肌に塗った後、シートを貼って剥がさなければならないので、背中全面を処理する場合、必ず誰かに手伝ってもらわなければなりません。

背中をこするだけで産毛がなくなる!?脱毛(除毛)タオルってどうなの?

脱毛したいからといってゴシゴシこすると肌に良くない

脱毛(除毛)タオルは、ドラッグストアや大手通販サイトなどで1000~2000円程度で販売されています。入浴時にこのタオルで背中を洗うと、タオルの繊維が角質とともに肌表面の産毛を取り除いてくれると言われています。

ただし強くこすった場合は、肌が刺激に反応して色素沈着を起こす可能性があります。

ちなみに、こちらも毛を毛穴から除去する「脱毛」ではなく、肌表面の毛だけを取り除く「除毛」を行うので、正確には「除毛タオル」です。

脱毛(除毛)タオルの口コミ

全然毛が取れない
背中をゴシゴシこすってみたけど、全然毛は取れませんでした。背中は洗いやすいので普通にタオルとして使っています。(20代・女性)

やわらかく短い産毛は取れた
もともと背中の毛がやわらかく、短いので、産毛は結構取れた気がします。でも背中全面に使うのはなかなか難しかったです。(30代・女性)

産毛にも効果がなかった
背中の産毛を取るために購入しましたが、産毛には効果を感じませんでした。1000円以上したのに効果はイマイチだと思いました。(20代・女性)

一部の毛にしか効果がなく、背中全面はきれいにならない

口コミを見る限り、脱毛(除毛)タオルで背中全面の毛を処理するのは難しく、効果が薄いからといって、強くこすると肌を痛めてしまうことになります。

背中のムダ毛が柔らかく、ほんの少ししか生えていない人であれば試してみる価値がありますが、しっかりとムダ毛が生えている人は、他の脱毛方法を検討することをおすすめします。

背中の産毛をきれいに処理したいなら、脱毛サロン

自己処理よりも肌に優しい

脱毛サロンで行われている光脱毛は、メラニン色素という黒い色素に反応する光を肌に当てて減毛していく方法で、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。

照射する光は医療レーザー脱毛に比べて弱く、その分刺激や痛みも少なくて済みます。また、カミソリのように刃を当てるわけでも、毛を溶かすクリームを塗るわけでもないため、肌に優しく安全な方法と言えます。

プロの手できれいに処理してもらえる

脱毛サロンのメリットは、何と言ってもプロの手で背中全面をきれいに処理してもらえることです。自分の目では確認しづらい部分も、きちんと肌の状態を確認しながら無理なく処理してもらえるため、肌トラブルも起こりにくいです。

事前のシェービングをしてくれるサロンがおすすめ

光脱毛は毛が伸びた状態では施術できないため、脱毛サロンに行く1~2日前に自分でシェービングをしておく必要があります。しかし、これまで説明した通り、背中は手が届きにくく、自分で処理するのが難しい部分です。

サロンによって、剃り残しの部分は脱毛をしてもらえないか、無料または有料でシェービングしてくれるか、対応が分かれます。背中は自分で処理するのが難しいため、1000円程度で済むのであれば、シェービングを行ってくれるサロンに依頼する方がおすすめです。

部分脱毛だと高くなってしまうので、全身脱毛がおすすめ

背中の処理は範囲が広いため、脱毛サロンのメニューでは、首の付け根から肩甲骨辺りまでの「背中(上)」、肩甲骨の下辺りからウエストラインまでの「背中(下)」の2パーツに分かれている場合がほとんどです。

背中を見せるスタイルの時は、ヘアスタイルもアップにすることが多いです。背中だけプロにきれいにしてもらって、襟足やうなじは自己処理で済ませると、仕上がりに差が出て気になってしまいます。

また、部分脱毛だと割高になる場合が多いので、背中を光脱毛するなら、全部位を一気に処理してもらえる全身脱毛がおすすめです。

まとめ

自分の目で見えない背中ケアは大変ですが、手入れの行き届いたきれいな背中は同性から見ても魅力的です。自分一人で処理をするなら、脱毛クリーム(除毛クリーム)が一番手軽で簡単ですが、正しく使用しても肌に負担がかかるものなので、頻繁な処理は避けましょう。

常に背中をきれいにしておきたいなら、襟足やうなじもまとめて全身脱毛を検討してみることをおすすめします。