同棲中の人はどうやってムダ毛処理してるの?彼氏には見られたくない!

男性をターゲットにした女性のムダ毛に関するアンケート結果を見ていると、「彼女の腕の毛がチクチクするとショックを受ける」「ムダ毛の処理をしている彼女姿を見ると幻滅してしまう」といった声が多数上がっています。

とはいえ、彼氏と同棲中の女性にとって、彼氏に見られずにムダ毛を処理することは、そう簡単にはいきません。今回は、そんな彼氏に見られたくないムダ毛処理に関する悩みを解決すべく、脱毛の保健室メンバーが徹底的に調査しました。

彼氏に見られないようにするにはどうやって処理をすればいい?

彼氏がいない時間に行う

理想的なムダ毛の処理方法は、彼氏が家にいないタイミングを見計らって、処理を行うことです。たとえば、彼氏と学校や仕事の休日が違う場合や、帰宅の時間帯が少しでも違えば、そのタイミングを狙ってムダ毛処理を行うことができます。

しかし、なかなか一人になれる時間がない女性は、ムダ毛の処理を怠ってしまいがちになります。

多数派:入浴中に行う

彼氏との同棲生活の中、1人になれる時間が少ないという方の大半が、入浴中に処理を行っています。浴室でのムダ毛の処理には、手軽なカミソリを活用する人が多いです。

しかし、肌のことを考えると電気シェーバーの方が刺激が少なく肌に優しくおすすすめです。

カミソリを使用する場合

カミソリは刃が鋭いため、ムダ毛だけでなく肌の表面も一緒にそり落としてしまいます。仕上がりを美しくしようと、複数の刃がついているカミソリを使用したり、毛の流れに逆らって剃ったりすることで、毛穴を押し上げ広げることになり、肌トラブルの原因になる可能性もあります。

もしカミソリを使用する場合は、毛穴や肌を傷つけない為にも、シェービング剤を使用する事をおすすめします。毛の流れに逆らって剃る事や、何度も同じ場所を剃る事は厳禁です。刺激を与える事で、色素沈着の原因にもなります。

電気シェーバーを使用する場合

電気シェーバーであれば、刃が肌に直接当たらないような構造になっているので、肌表面をそり落としてしまったり、毛穴を広げてしまうリスクを減らすことができます。

防水仕様のシェーバーも多く販売されているので、シャワーを流しながら使用すれば、シェーバーの音も気にならず、彼氏に気付かれずにムダ毛の処理を行えます。

彼氏と同棲を控えている女性は「お風呂でリラックスする一人の時間も欲しいな」と、あらかじめ彼氏に伝えていてもいいかもしれませんね。すでに同棲中の女性は「最近、疲れが取れにくいから、たまにはゆっくりお風呂に入るね」と予防線を張っておくのもおすすめです。

少数派:トイレの中で行う

家の中で一人になれる時間がなく、なおかつお風呂タイムも彼氏と一緒という人の中には、トイレの中で処理を行うという人もいます。

わざわざトイレにシェーバーや道具を持って行く煩わしさがあるので、生理用品を入れているポーチや箱の中に小さめの電気シェーバーを入れておいたり、トイレの棚の目立たない場所にシェーバーを隠しておくと便利です。

しかし、あまり長時間トイレに籠っているのも不自然ですし、部屋の構造上、トイレとリビングやダイニングが近い場合はシェーバーの音が外に漏れて聞こえてしまう可能性もあります。

さらに、トイレの中での処理は、入浴中と違って、シェービング剤が使用できない為、おのずとドライ剃りになります。乾いた肌にカミソリやシェーバーの刃をあてると、肌へのダメージも避けられなくなります。

入浴中に行う電気シェーバーでの正しい処理方法

1.剃る部分を清潔にする

ムダ毛を剃る際は、その部分を清潔にしてから電気シェーバーを使用しましょう。肌や毛に汚れが付着した状態で処理を始め、刃で肌を傷つけてしまった場合、そこからばい菌が入って炎症を起こす可能性があります。

剃る前は清潔にした状態で、なおかつ肌を温めてから処理をすると、毛がやわらかくなり、剃りやすくなります。

2.シェービング剤を使ってウェット剃りをする

肌へのダメージを軽減する為にも、必ずシェービング剤を使用して下さい。ボディソープや石けんをシェービング剤代わりに使用すると、肌にとって必要な皮脂まで取ってしまうことになります。

そうなると、肌のバリア機能が低下し、皮膚が傷つきやすい状態になってしまうのでおすすめできません。シェービング剤には、保湿成分が配合されているものや、泡タイプのもの、ジェルタイプのものなどさまざまな種類がありますので、自分の好みに合うものを使用してください。

ジェルタイプのシェービング剤

ジェルタイプのものは、透明なジェルを肌に塗って剃るだけなので、剃る部分の毛が見えて、剃り残しが出来にくく、初めての人にもおすすめです。

泡タイプのシェービング剤

泡タイプのシェービングフォームは、ふわふわの泡を剃る部分に乗せて伸ばし、肌を優しく包み込んでくれるので、ひっかかりを感じずスムーズに剃る事ができます。

3.シェーバーを肌に押し付けない

カミソリの場合は、毛の流れに逆らって剃ってしまうと、毛穴を押し広げてしまい肌の表面を傷つけてしまいます。

しかし、電気シェーバーの場合は製品によって使い方や特徴が異なります。毛の流れに逆らって剃るものもあれば、カミソリ同様、毛の流れに沿って剃ることをすすめるものもあります。

まずは、取扱説明書をよく読んで、どのように剃るのかを確認しましょう。

大事なポイントは、どの電気シェーバーを使用する場合でも、肌に強く押し付けずに処理することです。肌に強く押し付けて使用すると、刃で肌を傷つけてしまう可能性もありますし、電気シェーバーの機能を十分に発揮させる事ができなくなります。

4.使用後は湯船に浸からず、シャワーで流して保湿する

ムダ毛を処理した後、湯船に浸かってしまうと、剃毛によって刺激を受けた毛穴にばい菌が入ってしまい炎症を起こしてしまう可能性があります。処理後は肌が敏感になっている為、刺激の少ないぬるめの温度のシャワーで洗い流すのみにしてください。

また、カミソリよりも電気シェーバーの方が肌への刺激が少ないとはいえ、ダメージが全くない訳ではないので、保湿の際は低刺激なボディクリームやローションを使用し、乾燥しないように保護してください。

電気シェーバーの手入れについて

使用後は必ず丸洗いし、よく乾かす

電気シェーバーの手入れを怠ると、不快なニオイや雑菌が増える原因になります。特に、シェービング剤を使用したウェット剃りをした後は、必ず丸洗いをしてよく乾かす事が大切です。

濡れたまま放っておくと、刃が錆びて切れ味が悪くなったり、シェーバーに付着した皮脂汚れなどが原因でイヤなニオイがする原因となるため、電気シェ−バー専用の洗浄液などを使用し、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

1年に1回は刃を交換する

電気シェーバーの、刃の交換の目安は、およそ1年に1回です。刃を交換せずに、長い期間使い続けると切れ味も悪くなり、おのずと肌へのダメージも増します。

刃が錆びている場合はもちろん、切れ味が悪くなってきた場合は、すぐに交換した方が良いでしょう。

シェーバーを使用する前に、刃が錆びていないか、欠けていないか確認する習慣をつけてください。

抑毛ローションを使って処理の頻度を低くする

電気シェーバーを使用すると、深剃りができる訳ではないので、比較的早く毛が生えてきます。肌へのダメージを考えると「早く毛が生えてくるから毎日シェーバーで処理する」というわけにもいきません。

こういった場合、シェーバー使用の頻度を少なくする為に、抑毛ローションの使用をおすすめします。抑毛ローションの多くは、女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンなどが配合されており、毛の成長を抑える作用を持ちます。

使用して、すぐに効果が出るわけではありませんが、使い続けていくうちに効果を実感する方が多いです。

ムダ毛処理をした後のアフターケアで使用することで、保湿しながら抑毛することができるのでおすすめです。

今後のことを考え、今のうちに脱毛サロンでの処理がおすすめ

彼氏との同棲生活を続けていく限り、隠れてムダ毛の処理を行う事が負担になる日がやってくる可能性が高いです。ライフスタイルが変化し、仕事や家事の両立が大変になることもあるでしょう。

さらに、将来的に彼と結婚することになって、妊娠や出産で子供が出来ると、家事や子育てを両立させる為に時間に追われるようになり、ムダ毛の処理がますます難しくなります。

結婚や妊娠する前の、同棲中のうちにサロンやクリニックで脱毛を行っておくとムダ毛の処理に関する悩みや心配がなくなり安心です。

カウンセリングを丁寧に行ってくれ、料金も良心的な脱毛サロンも増えているので、多忙になる前に全身脱毛を済ませておくことをおすすめします。

まとめ

大好きな彼氏にいつまでも女として見られる為には、ほったらかしのムダ毛や、ムダ毛の処理をしている姿を見せずに過ごしたいものです。

彼氏に隠れて、シェーバーや抑毛ローションなどで自己処理を行うのも悪いことではありませんが、ずっとシェーバーやローションを使い続けるコストや、自己処理にかかる時間を考えると、脱毛サロンで施術を受けることをおすすめします。