脱毛クリームってどれくらい効果があるの?効果的な使い方を教えて

脱毛クリームは、肌に塗るだけで簡単にムダ毛処理ができるので誰でも気軽にチャレンジすることができます。脱毛クリームは、どのくらいの期間効果があるのか、キチンとムダ毛を処理することができるのか、気になりますよね。脱毛クリームの効果的な使用方法、正しい処理方法などを、脱毛の保健室メンガーが徹底的に調べ、最高のアンサーを用意しました。

手軽にきれいに処理できるが、効果は一時的なもの

簡単にできるムダ毛処理方法としてシェービングがあげられますが、剃り残しができたり、肌がカミソリ負けをおこしてしまったりする場合があります。その点、脱毛クリームを使えば、誰でも簡単に、キレイにムダ毛を処理することできるようになります。肌に塗るだけなのでカミソリで処理する時のように、肌を傷つけないよう神経質になる必要もありません。

気になる効果ですが、剃るよりは長持ちしますが、その効果は一時的なものです。毛穴から出ているムダ毛をクリームで溶かして処理していくだけなので、キレイに処理してもすぐにまた毛穴から毛は生えてきます。

ウデやアシの毛は1日に0.2~0.4mm、ワキの毛は日に約0.3mm伸びるといわれています。脱毛クリーム(除毛クリーム)でムダ毛処理をしても3日もすれば毛が目立ってきてしまうので、3日~1週間に1度のペースで処理をし続けなければいけません。

また、毛を溶かす効果のあるクリームを肌に塗って処理していく方法なので、ムダ毛が気になるからといって、毎日使用すると刺激が強すぎて肌トラブルの原因となってしまいます。使用上の注意をよく読んで、定められた方法で処理していくようにしましょう。

脱毛クリーム(除毛クリーム)のメリット・デメリット

脱毛クリーム(除毛クリーム)のメリット

塗るだけなので、手軽に広範囲の処理が可能

シェービングや毛抜きでは処理しにくい部分も簡単に対応できます。

毛抜きやワックスでの処理に比べ、痛みが少ない

シェービングのように、出血をともなうリスクもありません。

チクチクしにくく、濃く見えることもない

シェービングは剃った後の毛先が平たんになるので、伸びてきた毛がチクチクしたり、濃く見えたりすることがあります。しかし毛を溶かす脱毛(除毛)クリームでは毛先が丸くなるのでチクチクしにくく、濃く見えることもありません。

脱毛クリーム(除毛クリーム)のデメリット

1週間に1回程度処理しなければならず面倒

あくまでも脱毛ではなく除毛なので、毛が生えてこないわけではありません。

毛を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれている

この成分にアレルギー反応を起こしてしまう人もいるので注意が必要です。さらに、この成分が肌を溶かしてしまうこともあり、使用中や使用後に肌がヒリヒリしたり赤くなったり肌トラブルがおこってしまう可能性があります。

意外とコストが掛かる

クリームの価格は1本1000円程度からありますが、1回の処理で半分くらいを使用することになります。2週間に1本のペースで消費すると、1カ月2000円の出費になり意外とコストが高くなってしまいます。

脱毛クリーム(除毛クリーム)の正しく効果的な使い方

脱毛クリーム(除毛クリーム)メリットとデメリットを理解したうえで、クリームを脱毛に使用するとしたときには、やはり正しく使わなくてはいけません。もちろん、クリームにより使い方が異なりますので、ここでは一般的なクリームの使い方をお伝えします。使用する際には必ず、取扱説明書を良く読んでから使ってください。

使用する前に必ずパッチテストを行う

早くムダ毛処理をしたいからといって、いきなりクリームを肌に塗りはじめるのはいけません。まずは、クリームが自分の肌に合っているかどうかをチェックする必要があります。必ず、パッチテストを行って、肌に異常がないことを確認してから使用するようにしてください。

パッチテストの方法ですが、少量のテストクリームを用意します。そして、除毛したい部分にクリームを10円玉程度の大きさに塗ります。使用方法に書かれている指定の時間、そのまま放置し腫れや赤み、かゆみなどが出ないかチェックしてください。

指定の時間が経過したら、水またはぬるま湯で洗い流し、肌に異常がないか確認してください。クリームを使用してから少し時間が経ってから症状が出ることもあるので、24時間は様子を見るようにします。肌が弱い人は、さらに24時間、つまり2日間程度は放置し様子を見てください。

肌トラブルが起きないことを確認したら、本格的に除毛したい部分に塗り始めます。

1.除毛する部分を清潔にする

キレイに除毛するためには、クリームを肌に馴染ませる必要があります。肌が濡れていたり汚れがあったりすると、クリームが馴染まず除毛効果が弱くなってしまいます。まずは汚れを落とし、しっかりとタオルで水気を拭き取ってからクリームを塗るようにしましょう。

2.スポンジやヘラなどで除毛したい部分にクリームを塗布する

クリームを塗る時はスポンジやヘラを利用してください。手では均等にクリームを塗ることがむずかしく、さらに不必要な部分にクリームがついてしまうこともあります。均等に、厚めにクリームを塗布するとキレイに除毛できます。

3.指定された時間放置する

クリームを塗り終わったら、説明書に記載されている時間を守って放置します。除毛効果が高まるのではないかと、指定された時間以上に放置しないでください。長く放置しても、除毛効果に変化はありません。むしろ、肌が刺激され肌トラブルを起こす可能性が高くなってしまいます。必ず時間を守るよう注意してください。

4.クリームを拭き取り、ぬるま湯で洗い流す

指定の時間が経過したら、クリームをしっかりと拭き取ってからぬるま湯で洗い流します。クリームがよく落ちるのでは、と熱めのお湯で洗い流したくなるかもしれませんが、クリームを塗った直後の肌はとても敏感です。熱いお湯は刺激が強すぎるので、必ずぬるま湯が水で洗い流すようにしてください。

5.処理後はしっかり保湿する

処理が終われば、肌をしっかり保湿するように心がけてください。そのまま放っておくと、肌が乾燥してしまいます。特別なものを用意する必要はないので、普段使用しているボディクリームやローションを使って肌をケアしてください。

脱毛クリーム(除毛クリーム)を使用するときの注意点

使用できる部位を確認する

脱毛クリーム(除毛クリーム)は体の中でも特に敏感な部分には使用できない場合が多いです。顔やVIOラインには使用できない製品が多いので、購入前に使用可能な部位を必ず確認してください。使用できない部位にクリームを使用するとトラブルの原因となります。

使用前に取扱説明書をよく読む

脱毛(除毛)クリームには様々な製品があります。それぞれ放置時間など細かい点も異なりますので、必ず取扱説明書をしっかりと読んでから使用してください。

継続的にムダ毛処理するなら脱毛サロンがおすすめ

脱毛クリーム(除毛クリーム)でのムダ毛処理は、処理したてはキレイな仕上がりとなっていますが、数日経つと少しずつ伸びてきます。数日おきにムダ毛処理をする必要があるので、面倒だと感じる人も多いでしょう。

夏場だけ、とか水着を着る時だけ、など期間限定・季節限定でムダ毛処理をするのであれば問題ないかもしれませんが、日常的に処理するとなると時間も手間も、費用も掛かってしまいます。

ムダ毛の自己処理を楽にしたいと思うのならば、脱毛サロンで脱毛してもらう方が良いです。最近は脱毛サロンも比較的安い料金で全身脱毛できるようになってきています。1カ月2000円かけ、数日おきに自己処理を続けるよりも、脱毛サロンに通ったほうが長い目で見ると時間もお金も節約できるといえます。

まとめ

脱毛(除毛)クリームは、気軽で安全にムダ毛処理をしたいと考えている人にはピッタリの処理方法です。使用上の注意をよく読み、正しい方法で行えば、トラブルなくムダ毛がキレイになります。

ただし、数日しかもたないので、継続的に自己処理を続ける必要があります。また、敏感肌用と銘打っていても、肌トラブルが起こることがあります。背中なども処理しにくいので、脱毛したい箇所が複数あるなら、サロンで脱毛することも検討してみましょう。

さらに詳しく|脱毛クリームと除毛クリームは同じもの

脱毛と除毛の違いとは?

「脱毛と除毛とどう違うの?」と疑問に感じることはありませんか?脱毛は、毛を毛根から取り除く事をいいます。たとえば、ピンセットでの毛抜き、ワックスでの毛抜き、脱毛サロンでの光脱毛、クリニックでの医療レーザー脱毛などでのムダ毛処理を脱毛といいます。

それに対して除毛は、肌の表面に出ている毛だけを取り除くことをいいます。カミソリやシェービングで剃るムダ毛処理は除毛です。

脱毛クリームも除毛クリームの効果は同じ

ムダ毛を溶かして処理するクリームは、「脱毛クリーム」と呼ばれる場合と、「除毛クリーム」と呼ばれる場合があります。しかし、先ほどの脱毛と除毛の違いで伝えた通り、クリームは肌の表面に出ている毛しか処理できません。

よって、クリームの場合は脱毛と呼ばれていても、除毛ということになり、効果は同じです。脱毛はできません。

本来であれば、「除毛クリーム」と呼ぶのが正しいといえますが、「脱毛クリーム」という呼び方が浸透しているため、ここでは脱毛クリーム(除毛クリーム)と記載しています。