敏感肌でも安心な脱毛方法はどれ?脱毛クリーム or 脱毛器 or サロン?

敏感肌の人は、日頃から肌につける化粧品やケア用品に人一倍気を使い、肌にダメージを与えないよう気を使っている人が多いです。しかし、いくら化粧品やケア用品に気を配っても、間違ったムダ毛処理を行えば、肌は大きなダメージを受けてしまいます。

敏感肌でも安心して行える自己処理の方法や敏感肌でもサロンで脱毛できるのかについて、脱毛の保健室メンバーがとことん調べました。

敏感肌の人におすすめな自己処理は電気シェーバー

肌に刃が直接当たらない電気シェーバーでの処理がおすすめ

電気シェーバーでの処理は、全ての自己処理の中で最も安全で肌に優しいのでおすすめです。シェーバーはカミソリと違って肌当たりが優しく、刃が直接、肌に当たることなくムダ毛を処理することができます。

また、肌表面のぎりぎりのところまで剃らないので、カミソリ負けや肌荒れも起こりにくいです。

体用やデリケートゾーン用、顔用などさまざまなタイプの電気シェーバーが発売されていますが、顔用のタイプは刃が小さめでいざとなったら全身に使用できるので、一番使い勝手が良いです。

一気に剃って短時間で終わらせたいという人には、身体用のタイプで先端部分を付け替えることができるタイプをおすすめします。

有名なメーカーのものでも3000円前後で購入でき、付属の刃を一年に一回替えるとしても、本体は何年も使用できます。カミソリを何度も買い換えるよりも手間も少なく、お財布にも優しいです。

電気シェーバーで肌に優しく剃るコツ

毛の流れに沿って動かす

毛の流れに逆らって動かすことをおすすめしている機種がありますが、逆剃りは肌を傷つけてしまう可能性があります。毛の流れを確認しながら優しく肌に当てていきましょう。

浴室で入浴中に使用しない

入浴中は湿度や浴室の湯気で肌が柔らかくなるため、この状態でシェーバーを当てると傷つきやすくなってしまいます。防水機能付きのシェーバーも販売されていますが、肌の乾燥を悪化させてしまうこともありますので、入浴時の使用は避けることをおすすめします。

シェーバーを肌に押し付けない

毛をより短く剃ろうとして力を込めてしまうと、シェーバーの刃が肌表面を傷つけてしまう恐れがあります。肌が乾燥しやすくなったり、毛穴が赤くなってしまって炎症を起こす可能性があるので、過度に押し付けないようにしてください。

多くても2~3日に1回の使用に留める

いくらシェーバーが肌にとって優しいとはいえ、毎日使用すれば肌にかなりの負担がかかります。深剃りが出来ないためすぐにチクチクと生えてきますが、肌トラブルを避けるためにも最低1日は空けるようにしてください。

正しく使用しても多少は肌に負担がかかってしまう

正しい使用方法を守って使っていたとしても、結局は毛を剃るという行為なので、少なからず肌に負担をかけてしまいます。ただでさえ夏場は日焼けで乾燥しやすく、冬場は何もしなくても乾燥します。

乾燥した肌は赤くなりやすかったり、毛穴が炎症を起こしやすかったりするので、たとえ電気シェーバーだとしても乾燥を少しずつ招いていることには変わりありません。

敏感肌の人にはおすすめできない自己処理

カミソリ負けする可能性のあるカミソリ

肌ギリギリまで刃を当てることができるためムダ毛をよりきれいに剃ることができますが、皮膚表面まで傷つけて削ってしまう状態になるので非常に乾燥してしまいます。

更に、毛穴を刺激して赤くなってしまったり、肌荒れを起こす原因になります。

また、シェービングフォームを使用した場合、これが肌に合わなかった…ということもありえます。

肌荒れを起こす可能性がある脱毛(除毛)クリーム

一般的には「脱毛クリーム」と呼ばれることが多いですが、実際には肌表面に見えている毛のみ除去するため除毛クリームという表現が正しいです。

多くの除毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムという毛を溶かす成分を使用しています。「敏感肌用」とうたっている商品はこの成分の濃度が低いため、したがって毛を溶かす働きも弱くなります。

もちろん、敏感肌ではない人が放置時間を守って正しく使用する分には問題ありません。しかし、毛を溶かすということは、肌表面にはかなりのダメージであることは間違いないですし、万が一肌に合わなかった場合は長い時間ヒリヒリしてしまうこともあります。

皮膚に大きな負担をかけ埋没毛になりやすい毛抜き

毛は常に生え変わっており、自然に抜け落ちる毛があったりこれから成長する毛があったりしますが、成長段階の毛やまだ抜け落ちる段階ではない毛も関係なく無理やり抜いてしまうため、皮膚にかなりの負担をかけます。

本来あるはずの毛がなくなってしまった毛穴はそれを修繕しようと皮膚に膜を作って毛穴を塞ぎ、その中で毛が育つことにより埋もれ毛(埋没毛)の原因になります。

肌の状態を見極めて使用しなければならない家庭用光脱毛器

家庭用光脱毛器は、基本的にエステサロンで使われているものと同じです。多種多様な製品があって効果に大きな差が出てくることは確かですが、実は値段が高いから効果も高くなるというわけでもありません。

この家庭用光脱毛器、家にいながら手軽に脱毛が出来てしまう反面、肌状態が多少悪くても自分の判断で使用することが出来てしまうので、あとあとの肌トラブルの原因になり得る場合があります。

自己処理は肌トラブルのリスクと隣り合わせ

このように、自分で処理をする場合はどの方法であってもリスクやデメリットはつきものです。ムダ毛は、どこの場所であれ人それぞれ気になる部分は異なりますが、肌にとって一番良い状態を保てるのは何もせずそのままにしておくことかもしれません。

敏感肌の人こそサロンでの脱毛がおすすめ

脱毛サロンの光脱毛は肌に優しい

そこでおすすめなのは、脱毛サロンで専門のスタッフに施術をしてもらうことです。脱毛に関しての知識はもちろん、その時の肌状態をよく見ながら施術をしてくれますので、安心して任せることができます。

脱毛サロンで行う光脱毛という種類は、肌の黒い色素(メラニン)に対してのみ反応をし、毛根にダメージを与えて毛量を減らしていく方法のため安全にムダ毛を無くしていくことができます。

脱毛と同時に美肌効果が期待できる

サロンでの施術ですと、単に脱毛をするだけでなく美肌効果に良いジェルを使用していたり、施術後に肌に塗ってくれるローションに美肌効果があったりと、毛を無くすと同時に肌のケアまですることができます。

施術前と施術後の肌チェックをしっかりしてもらえる

施術前に肌の乾燥状態や傷の有無の確認、アザの確認などくまなくチェックし、光脱毛の施術をしても問題のない部分にのみ施術をしてもらえますので安心です。

また施術後には、肌をクールダウンする時間を設けてくれ、ローションを塗ってくれたり注意事項を教えてくれるため、敏感肌の人でも安心して任せられます。

自己処理しにくいけれど気になる部分もきれいにできる

デリケートゾーンや襟足など、手が届きにくいのにきれいにしたい、という場所は案外多いものです。脱毛サロンであれば、手の届きにくい部分までプロの手で美しくムダ毛を処理してくれます。

サロンによっては、照射前の事前シェービングも有料または無料で任せることができます。危険な思いをして、自分で背中やVIOラインの処理を行うより安心です。

契約前にかかりつけ医に相談してテスト照射をうけること

光脱毛を行う場合、サロンで契約をする前にテスト照射をしてもらうことをおすすめします。光脱毛は肌に優しいものですが、中には肌に合わない人もいます。

事前にテスト照射してもらい、2~3日様子を見た後、肌に異常が出なければ、正式に契約しましょう。

また、皮膚科などのかかりつけ医がいる場合は事前に相談することをおすすめします。肌の状態を確認してくれて、脱毛するのに大丈夫な肌状態かしっかり確認してくれます。

ドクターサポートが充実している脱毛サロンを選ぶ

脱毛サロンはたくさんあり、どの店にするか迷ってしまう人も多いですが、実はサロンの中でも医療機関と提携をしているところがあります。もし施術後に肌に何かあった場合、提携の医師を紹介してもらえるので安心できます。

また、ドクターサポートが充実したサロンであれば、治療費も負担してくれます。大切な肌に万が一何かあっても、こういったサポートが充実していると安心して任せられますね。

サロン選びは、このような部分まで考えて選んでみてください。

まとめ

敏感肌の人がムダ毛の自己処理を行うなら、肌に優しい電気シェーバーでの処理がおすすめです。しかし、電気シェーバーであっても、頻繁に処理を続ければ肌に負担をかけてしまいます。

敏感肌の人こそ、光脱毛がおすすめです。「敏感肌だからサロンでの脱毛は無理」なんて最初から諦めずに、ぜひ無料カウンセリングを受けてみてください。